京都市伏見区、宇治市、八幡市、久御山町、城陽市、京田辺市、枚方市のお住まい方必見!近藤自動車スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。
アクシデントが発生した場合、フリーダイヤル0120-63-4815へご一報ください。近藤自動車では24時間365日体制でロードサービスを行っております。

自動車トラブル症状チェックキーワード

真っ直ぐに走らない

手を離すと真っ直ぐに走らない、ハンドルがとられる、フラフラして安定性がない

このような症状が見られる場合、アライメント測定&調整をお勧めいたします。

アライメントとは、車輪(タイヤとホイール)の角度、整列の具合のことで、

タイヤが地面に適切に設置できているかを調整する作業をホイールアライメントと呼びます。

 

alignment01.jpg 

 アライメント計測

 

alignment02.jpg

アライメントモニター

 

適切に調整されていなければ、少なくとも車本来の性能が出ていないだけではなく、

走行の安全性を下げてしまいかねません。また、タイヤ片べりしてしまいます。燃費も悪くなり、特に、雨天での走行において危険性が高まり注意が必要です。

特に車がまっすぐに走らない場合は要注意です。

また、車を改造してローダウンまたは車高を上げたり、タイヤのサイズを変えた場合も

注意してください。

オイル交換の時期について

オイル交換の時期は、様々な意見があり、一般的に5000キロを目安に交換をされている方が多いようです。

また、5000キロに到達しないからといってそのまま交換を行わない場合も注意が必要です。

 

 

ポリマー加工後の洗車について

まずポリマーですが、高分子化合物、高分子重合体と呼ばれています。

 

つまり化学合成物であり、これは市販のワックスやコーティング剤もポリマーの一種です。

当然ですが、自分でワックスがけしてもポリマー加工といえます。

ただし、施工内容、施工プロセスも多種多様です。

 

仮に品質の度合いを「塗装面をカバーして光沢を保ち、撥水させて汚れを寄せ付けない状態をどれくらに維持できるか」と

定義すれば、作業工程の違い、各工程にかける手間・時間が左右するものとなる。

仕上がりの状態は施工業者によって結果も様々であるのはこのためです。

  

  polymer01.jpg 

 

polymer02.jpg 

 

polymer03.jpg

ポリマー加工後の洗車方法ですが、基本的に注意することは以下のとおりです。

  ・スポンジはきめの細かい・軟らかい物を使う、セム革や、合成セムならさらに良い

(タオルや布は傷をつけてしまうので×) 

 ・まず、しっかり水をかけて汚れを流しながら、力を入れずに洗う

 ワックスかけはしないこと(リムーバーで除去)

 ・基本はこまめに水洗い

 ・効果が無くなったらスタッフに相談して再度ポリマー加工が望ましい

(ポリマー加工の対象となる車種によりますが、基本的には1年間程度は品質が保たれます)

夏場のカートラブル対策

最近バッテリー上がりが原因のロードサービス出動が増えています。
昔と違って車のいたる箇所に電装パーツが増えていることが原因でもあります。

走行中は常に車内の発電機が充電して電気を蓄えていますが、渋滞などでは発電量が弱くなります。
このときに電気を大量消費するとバッテリー上がりが発生しやすくなりますのでエアコンやオーディオなどのフル稼働は控えた方が安全です。

以下の電装品は走行中に欠かせないものですが、上手に利用することでバッテリー上がりのリスクは軽減しますので参照ください。

・エアコン
・リアデフォッガー(霜や曇り、水滴を除去するためにリアガラスにプリントされた電熱線)
・デフロスター(雨天の時、エアコンによってフロントガラス内側の曇りを取る装置)
・ブレーキランプ(渋滞時には避けられないので、エアコンは弱に抑えましょう)
・ヘッドライト

いずれにせよ電気の使いすぎには注意しましょう。

任意保険

自動車保険には2種類ありまして、自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険は車を所有する場合は必ず加入しなければなりませんが、自動車の任意保険の加入率は約80%といわれています。

10台のうち2台は任意保険に加入していないことになるわけですから、 万が一無保険車両と事故を起こした場合の車両保証はどうなるのでしょか。

相手に100%落ち度があり、こちらの過失がゼロであったとします。たとえば、赤信号で停車中に追突された場合などが過失ゼロのパターンです。

相手が任意保険に加入していれば、保険会社同士の手続きになりますが、未加入であれば、相手から修理代を弁償してもらうことになります。

ところが、任意保険に入っていない人からの修理代の回収は困難であり、訴訟を起こして、相手から修理代の回収をする例もありますが、訴訟を起こすには手間と時間とお金がかかる上に、加害者に支払い能力・資産・収入等がなければ回収ができないという法律になっていますので、当てられ損で泣き寝入りすることも少なくありません。

無保険車両と事故を起こしてしまった場合に備え、保険加入費用を安く抑える前に、補償の内容をよく確認することは重要です。任意保険に加入していれば安心と考える前に、各種特約の必要性を確認し、自身に適した自動車保険を選ぶようにしましょう。

補償内容の広い保険を選んでいれば、万が一無保険車との衝突であっても万全の補償が受けられます。また、事故にあったときに運転者や同乗者の救済の為にも任意保険の加入を強くお勧めします。




真っ白な排気ガスが出る

エンジンをかけてアクセルを踏むと真っ白な排気ガスが出続ける場合は、まず、排気ガスの匂いを確認してください。

いつもと匂いが異なる場合は
、エンジン内部でエンジンオイルが漏れ、燃料といっしょに燃えている可能性があります。エンジンオイルも少なくなってきている可能性もあるので、そのままメンテナンスをせずに走り続ければ、取り返しのつかないことになりうることも少なくなりません。

弊社も含め、専門業者に一度点検依頼されることをおススメいたします。

ブレーキの異音

ブレーキを踏んだとき、「キー」と著しく異音がする場合、ブレーキパッドが限界に近づいています。
近々ブレーキパッドの交換が必要となります。

もし、ブレーキパッドの交換をせず、そのまま走り続けた場合は、ブレーキローターを必要以上に削ってしまい、ブレーキはきかなくなってしまい危険です。パーツ交換箇所も増え、修理代が高くなってしまい良いことはありません。

異音がしたら、事故防止のためにもすぐに弊社スタッフもしくはお近くの専門業者に相談することをおススメいたします。


お問い合わせは近藤自動車へ TEL:0774-43-6348 フリーダイヤル:0120-63-4815